キャットフードの選び方マニュアル

ウェットキャットフードのメリット・デメリット

ウェットキャットフードは、ドライキャットフードよりも水分含有量が多いのが大きなメリットです。
水分摂取が苦手な猫には、水分含有量が75%以上なので食事を取りながら水分が補給できます。

そして、ウェットキャットフードの最大のメリットは、猫の「食いつき」が良いことです。
肉や魚などの具材がしっかりして素材の臭いもするので、猫の食欲をそそります。
肉や魚の本来の食べ応えもあり、猫にとって満足度の高いキャットフードです。

また、様々な味の製品があり、形状も「フレーク」「パテ」「スープ・シチュー」など猫の嗜好性に合わせたウェットフードが選択できます。
ドライフードを食べない猫には、好みの味のウェットキャットフードを混ぜてあげると食べるようになります。

ウェットキャットフードには、低カロリーなものが多いので肥満予防にもなります。
さらに、太りすぎの猫のダイエットとしても効果があります。

ウェットキャットフードのデメリットは、「総合栄養食」でないものが多いので、栄養バランスに欠けていることです。
総合栄養食以外の製品は、ドライフードを主食として、ウェットキャットフードは、「おかず」という感覚で与えるようにしましょう。
水分が多いので、歯に付着しやすく歯石や口臭の原因になる可能性があるのも要注意です。
飼い主からすると、ウェットキャットフードは、価格が高めなのがデメリットといえます。
一度開封するとカビや細菌がつきやすいので、開封後はなるべく早めに食べつくすことが必要です。
味も酸化して変化しやすく、食べ残しが無駄になってしまうことも少なくありません。
極力一回で食べつくすように与えるようにします。
但し、開封しても冷蔵庫で保存していれば1日は保存可能なので、工夫して与えることが大切です。
こちらのキャットフードの保存方法の記事も合わせてご覧ください。

ウェットキャットフードは、猫の嗜好性と健康維持の両面から考えて、製品を選択することが大切です。
好きだからといってそれだけを与えていると健康を害する恐れもあります。
ドライフードを与えながら効果的にウェットキャットフードを与えて下さい。

page top