キャットフードの選び方マニュアル

ウェットキャットフードの種類(副食)

ウェットキャットフードのラベルには、「総合栄養食」「一般食」「副食」「間食」「栄養補完食」など様々な表示があります。

総合栄養食以外は、基本的に栄養バランスが保たれていないので主食としては不向きです。
ウェットキャットフードは、大まかには「総合栄養食」と「一般食」の2つ種類に区別されるので、一般食=副食と考えて下さい。
つまり、「おかず」のようなものです。

ウェットドライフードの副食は、猫にとっては嗜好性の高いものなので、食欲が減退したりした時には最適のキャットフードです。
缶やパウチに入ったもので、「フレーク」「パテ」「スープ・シチュー」などのタイプがあります。

フレークタイプは、ツナ缶の中のツナのような形をしたものです。
素材の味がそのまま味わえるので非常に満足感が高くなっています。
おやつやドライフードのトッピングとして与えましょう。
パテタイプは、柔らかいペースト状なので、子猫やシニア猫にも最適です。
総合栄養食の製品が多いので、「総合栄養食」と表示されていたら、主食として与えましょう。
スープ・シチュータイプは、水分がもっとも豊富で、水分補給にも効果があります。
このタイプも総合栄養食が多くなっています。

副食は猫にとっては嬉しいフードなので、与えすぎには注意しましょう。
特に肥満気味の猫はカロリーを考えて与えて下さい。
必ずドライフードやウェットフードの総合栄養食をメインにして、交互に与えたりドライフードにトッピングしたりして与えましょう。
ウェットドライフードは、一度開封すると鮮度が落ちてしまいます。
味が変わって食べなくなってしまう猫もいるので、1回で食べきれる量を与えるようにするのがベストです。

また、副食を「ご褒美」として躾(しつけ)のために使うのも良いでしょう。
この場合はある程度時間を決めて与えるのが効果的です。
「欲しがるから与える」のでは躾になりません。
あくまでも飼い主とのコミュニケーションをはかる目的であることを忘れないで下さい。
副食は、総合栄養食とのバランスを考えることが最優先です。

page top