キャットフードの選び方マニュアル

ウェットキャットフードの種類(一般食)

ウェットキャットフードには、栄養バランスの良い「総合栄養食」と「一般食」の2つの種類があります。

総合栄養食は、主食としては理想的ですが、猫の好みを全て満足させられるものではありません。
好き嫌いの多い猫にとって、種類の豊富な一般食の方が「お気に入り」のフードを見つけやすいでしょう。
但し、一般食だけでは栄養不足になるので、総合栄養食のドライフードも与えるようにして下さい。
ウェットフードは基本的に「おやつ」として考えましょう。
ですから、猫の好みや食べ方、健康状態を考慮して選ぶことが大切です。

肉食の猫ですが、日本のように魚を与える習慣のところでは魚を好む猫も多くいます。
また、チキンや七面鳥、ビーフなど猫の好みで選んであげましょう。
また、パテタイプやフレークタイプ、スープタイプなど形状も色々あり、猫の好みだけでなく歯の状態なども考えながら選ぶことも大切です。
ウェットキャットフードに添加物がないと思っている人もいますが、ある程度の添加物は入っています。
「酸化防止剤」や「防腐剤」、「香料」などの表示はあるので確認して下さい。

ウェットキャットフードの一般食で注意したいのは、原材料です。
特に他のウェットフードよりも極端に価格の安いものは気をつけて下さい。
4Dミートと呼ばれる原材料が含まれているかもしれません。

4Dミートとは、Dead(死んだ)、Dying(死にかけた)、Diseased(病気の)、Disabled(ケガをした)動物の肉です。
一般の食品では使わない肉ですので、安全面には不安があります。
原材料に「ミートミール」や「家禽ミール」などと表示されているものは要注意です。

このようなキャットフードを食べ続けていると、毛並みやツヤが悪くなったりアレルギー体質になったりすることがあります。
また、腎臓病などのリスクもあります。

安いからと飛びつくのは危険です。
愛猫の健康を考えるのなら、原材料に注意を払いましょう。

page top