キャットフードの選び方マニュアル

総合栄養食以外のキャットフードの活用のしかた

猫にとってバランスの良い栄養素を配合したのが「総合栄養食」ですが、猫にとって美味しさという点では、やや満足度が少ないといえます。

肉や魚などの原材料に近い感触で味わえるのがウェットフードなどの「一般食」です。
ウェットフードには様々な味があり、愛猫が好んで食べてくれるご馳走ですが、栄養バランスには欠けているので食べすぎには要注意です。

基本的に総合栄養食が「主食」で、それ以外のキャットフードは「おかず」や「おやつ」として考えましょう。
ドライキャットフードだけでは、水分不足になるのでウェットキャットフードを混ぜて水分補給のために与えるもの良いでしょう。
また、猫は気分屋なので、ひとつの味だけでは満足しません。
食欲を促進させるためにも好みの味をいくつか取り揃えておくことも効果的です。

また、子猫や老猫では、総合栄養食のドライペットフードでは、上手く食べられないこともあるので、柔らかいウェットペットフードを交互に与えることも必要です。
キャットフードには、「間食」と表示されたものがあります。
見た目は総合栄養食のようですが、カツオやささみが丸ごと入ったものなど贅沢な味が揃えられています。
当然猫には大喜びされるキャットフードです。
但し与えすぎると肥満や病気の原因になるので注意しましょう。

間食は、あくまでも「おやつ」です。
躾のための「ご褒美」として与えるなど、特別な意味合いで活用するのがベストです。

また、病気の猫などに与える「療法食」がありますが、与え方は獣医さんと相談して下さい。
下痢や嘔吐などをしやすい猫には、穀物を使用していないグレンフリーのプレミアムキャットフードがおススメです。
穀物が全て猫に悪いというものではありませんが、市販のキャットフードには粗悪な穀物が入っていることも少なくありません。
グレンフリーのキャットフードは、肉や魚をメインにしているので猫本来の自然な食事をすることができます。
価格は高めですが、愛猫の健康を維持するためには多少の出費は仕方ないですね。

総合栄養食以外のキャットフードを、愛猫の好みや体調に合わせて上手に活用して下さい。

page top