キャットフードの選び方マニュアル

ウェットキャットフードの選び方

ウェットキャットフードは水分量が多く食べ応えがあるので、猫の満足度が高いキャットフードです。
しかし、ドライキャットフードより栄養価が低いため、併用して与えるのがベストです。

ウェットキャットフードは、保存料が多いので、できるだけ無添加のキャットフードを選ぶようにして下さい。
また、肥満ぎみの猫には、満足感がありながらドライキャットフードよりカロリーが低くなっているのでダイエットには向いています。
水分量も多いので結石などの予防にもなります。

何を選ぶかは、嗜好性の強いキャットフードなので、愛猫の好みに合わせるのが基本です。
ウェットドライフードは容器によって「缶タイプ」と「パウチタイプ」があります。

「缶タイプ」は、主にパテ状やフレーク状のウェットキャットフードが入っています。
パテ状のものは色々な肉や魚が混ぜてあり、フレークよりも柔らかいのでドライフードなどに混ぜて与えるのに向いています。
フレーク状のものは、魚が主で原材料に近い形なので食べ応えがあります。
価格も比較的安くなっているので経済的です。

煮込んだスープの中に大き目の素材が入っているのが「パウチタイプ」です。
水分が多く柔らかいので、食欲のない猫や歯が弱くなった老猫に最適です。
また、ドライフードをあまり食べない猫には、栄養補給のためにドライフードと混ぜてあげると食べるようになります。

ウェットキャットフードは、原材料の感触が味わえるものなので、猫の好き嫌いも如実に現れます。
原材料ごとに特徴があるので、その特徴を知ることも大切です。
「チキン」のキャットフードは、鳥や小動物をメインに食べてきた猫にとって、タンパク質を取るには自然な素材と言えます。
さらに、「七面鳥」や「鴨」は、カロリーが低いので肥満気味の猫には向いています。
猫は本来肉食ですが、日本では昔から魚を与える習慣があり、現在も魚を好む猫は少なくありません。
魚好きな猫には、様々な味の魚を与えてあげましょう。
肉食の猫には、「ビーフ」や「ラム」はご馳走です。
但し、脂肪分が多いので肥満にならないように、与え過ぎには注意して下さい。

ウェットフードは猫には嬉しい食事ですが、栄養のバランスを考えてドライフードと交互に与えるようにすることが大切です。

page top