キャットフードの選び方マニュアル

ウェットキャットフードの特徴

キャットフードには、「ウェットタイプ」と「ドライタイプ」がありますが、猫に比較的喜ばれるのがウェットキャットフードです。
なぜ喜ばれるかというと、ウェットキャットフードの特徴にあります。

ウェットキャットフードは、水分含有量が75%以上のキャットフードです。
猫は肉食動物ですから、本来は生の肉や魚を食べるのが習性です。
この感触に近いのがウェットキャットフードです。
さらに臭いもするので猫にとってはご馳走です。
ドライフードばかり食べていた猫の食欲がなくなった時に、ウェットフードを与えるとガツガツ食べることも少なくありません。
肉や魚などの高たんぱく質が多く含まれているので、まさに猫にピッタリのキャットフードといえるでしょう。

また、水分の含有量が多いので、食事と共に水分補給ができるのも大きなメリットです。
子猫や老猫にも食べやすいキャットフードです。

ウェットキャットフードのもうひとつの特徴は、缶やレトルトパウチなどに入っているので、未開封であれば長期保存が可能なところです。
ドライフードよりも価格が高めなので安いときにまとめ買いしておくには便利です。

続いてキャットフードの注意点も理解しましょう。
猫が大好きなウェットフードですが、デメリットもあります。
それはドライフードのような栄養のバランスがとれていないことです。
ウェットフードだけでは猫に必要な栄養が十分に摂取できません。

また、生ものなので開封すると傷みやすくなります。
保存できないので開封したら食べきらないと無駄になってしまいます。
どうしても保存したい場合は、雑菌が繁殖しないように他の容器に移して冷蔵庫に入れましょう。
1日ぐらいは保存可能です。
そして、ウェットキャットフードは水分が多いので、口の中に食べかすが残りやすくなります。
歯石がたまり、虫歯の原因にもなるので口の中のケアも必要です。

このようなウェットキャットフードの特徴を良く理解して、ドライフードと混ぜたり交互に与えたりして工夫して下さい。
上手に併用しながら与えるのがペットの健康維持には大切です。
【合わせて読みたい】 知っておきたいキャットフードの種類

page top