キャットフードの選び方マニュアル

ドライキャットフードのメリット・デメリット

キャットフードは、「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」があります。
ドライタイプは、水分含有量が10%以下のキャットフードで、通称「カリカリ」と呼ばれているものです。

ドライキャットフードのメリットは、栄養バランスの良いことです。
ほとんどのドライキャットフードには、「総合栄養食」と製品に記載されています。
これは、猫にとって必要な栄養が全て含まれている製品であることの証明です。
つまり、ドライキャットフードを食べていれば、栄養不足になる心配はありません。
ドライキャットフードは、水分が少ないので長期保存が可能です。
開封後でも容器に密封して保存すれば1ヶ月ぐらいは大丈夫です。
買い物の手間も省けるので飼い主には大きなメリットになります。

また、ウェットフードに比べて価格が安いのも魅力です。
特に複数匹飼っている人には経済的にも助かりますね。
但し、あまりにも安すぎる製品には注意が必要です。
原材料が粗悪な物であったり、猫の健康を害するような添加物が入っている危険性があるので、表示内容をしっかりと確認しましょう。
他にもカリカリという食感は、猫の歯を鍛える効果もあり、食べながら歯石を取り除くキャットフードでもあります。
このように、ドライキャットフードは、猫の主食としては理想的なキャットフードといえるでしょう。

しかし、ドライキャットフードだけで全てがOKかというと、そうではありません。
ドライキャットフードにもデメリットはあります。
元来、猫は水分を取るのが苦手な動物です。
水分量の少ないドライキャットフードでは水分不足になってしまいます。
そのために、ドライフードの横には必ず水を入れたお皿をおいておくようにしましょう。

また、猫は腎臓病になりやすい体質があります。
水分不足は腎臓病にもつながるので、水分補給はしっかりと考えることが大切です。
水をあまり飲まない猫には、ウェットキャットフードを交互に与えて、水分を補給するようにしましょう。
ドライフードは、ウェットキャットフードのように原材料のにおいがあまりしないので、猫の食欲をそそらない場合もあります。
猫が好きなウェットキャットフードを混ぜたり、交互に与えたりして、猫にドライキャットフードを食べさせる工夫も必要ですね。

page top