キャットフードの選び方マニュアル

キャットフードの内容量

キャットフード製品には、内容量の表示が義務付けられています。
内容量とは、文字通り製品の正味量のことです。
g(グラム)やkg(キログラム)で表記されますが、製品によっては、ml(ミリリットル)やL(リットル)が使われます。

ドライフードタイプでは、1kg~5kgぐらいの製品が主流ですが、7kg~9kgの大きなタイプもあります。
また、内容量は製品全体の量ですが、製品によってはその中身を小分けしているタイプのものがあります。
小分けにも種類があります。
味の異なるものを200gの袋に4つに分けたもの、1回分の量(20g)を12本の袋に分けたものなど、与え方によって製品も違ってきます。

ウェットタイプの缶は、40g~160gのものが多く、パウチタイプでは、40g~70gが主流です。
また、3g~14gぐらいのおやつタイプも販売されています。

ドライキャットフードは、消費期限が長いので長期保存が可能です。
但し、猫は気まぐれな動物です。
いままで美味しそうに食べていたキャットフードでも突然食べなくなったりします。
同じ味のキャットフードでは満足しないので、同じキャットフードを大量に購入しても、無駄になってしまう危険性があります。
最低でも2種類の味のことなるキャットフードを交互に与えるのが良いでしょう。
いくつかのドライフードをミックスするのも方法ですが、全て開封したら1ヶ月以上かかってしまうことがあり、猫が食べなくなってしまう可能性もあるので、あまりおススメはできません。

また、猫は新鮮な物を好みます。
鮮度を考えると小分けしたキャットフードを与えるのがベストです。

体重5kgの成猫が必要なカロリー量は約400kcalです。
製品の違いはありますが、量としては、大体100gです。
体重や年齢などによって差はありますが、1日2回~3回に分けて与えるようにしましょう。
特に子猫は1回での消化量が少ないので、食事の回数を増やすようにします。
また、給餌量の目安は、製品のパッケージに表示されています。
正しい給餌量を守ることが大切ですね。

page top