キャットフードの選び方マニュアル

キャットフードの種類

キャットフードには「ドライタイプ」「ウェットタイプ」の2つがあります。
それぞれ特徴があるので、愛猫に合わせて選択することが大切です。

ドライタイプの特徴

ドライタイプのキャットフードは、水分含有率が10%以下の固形状のものです。
カルシウムやタウリンなど、猫にとって必要な栄養素がたくさん含まれています。
また、カリカリと噛んで食べるのでアゴが鍛えられ、歯石の除去にも役立ちます。
そして何よりも経済的面でのメリットです。
水分の含有量が少ないのできちんと密封していれば長期間保存ができます。
さらに、大袋のドライフードなら割安になり、数匹の猫を飼っている人には助かりますね。

但し、ドライタイプの場合、水分含有量が少ないので、ノドが乾きやすくなります。
水分が不足すると血液がドロドロになり、体に悪影響を与えてしまいます。
特に猫は腎臓病になりやすいので、水分分不足は危険です。
ドライフードの傍には、必ず水が飲めるように配慮しましょう。

ウェットタイプの特徴

ウェットタイプのキャットフードは、水分含有量が75%以上のもので、缶やアルミパウチの小袋に入って います。
肉や魚の臭いが強く、高たんぱくで高脂肪な素材なので、猫の満足度も高いキャットフードです。
但し、水分が多いので腐敗も早く、食べ残しは、早めに処分する必要があります。
比較的料金が高めのものが多いので、経済的な負担が大きいのがデメリットともいえます。

また、ドライフードのようにカリカリとアゴを使う必要がなく、年を取った猫には食べやすくなっていますが、反面歯石が溜まりやすく、歯の健康を阻害するリスクはあります。
猫にとってはご馳走なので、ウェットタイプだけを与えているとドライフードを食べなくなる危険性があります。

ドックフードには、水分含有量が25%~30%の「半生」の状態の「セミモイストタイプ」があります。
キャットフッドにも「セミモイストタイプ」がありましたが、成分の1つが猫に使用できないとの理由で現在は製造が禁止されています。

キャットフードは年齢や健康状態によって、それぞれのタイプを使うことが大切です。
また知っておきたいエコノミーとプレミアムキャットフードの違いについても参考にご覧ください。

page top